So-net無料ブログ作成
検索選択

鳴海丈『修羅之介斬魔剣1』 [本]

鳴海丈『修羅之介斬魔剣1』


修羅之介斬魔剣〈1〉死鎌紋の男 (徳間文庫)

修羅之介斬魔剣〈1〉死鎌紋の男 (徳間文庫)


江戸の町に突如現れ殺戮を繰り返す白虎を一刀両断したのは1人の浪人、美剣士榊修羅之介。その腕、そしてその刀は忍者軍団、殺し屋、柳生、くノ一どもの混沌とした争いを巻き起こす…

”大江戸巨魂侍”作者の剣戟物。次から次へ遠慮なくっていうか、やり過ぎに対する迷いなく面白そうな設定が繰り出されてエンタテインメントとしては満足でした。なおエロシーンは一応あって、修羅之介、案の定の巨おにんいんでしたが、メインではありません。
まああらゆるところがなんかどっかで聞いたことある設定ばかりなのですが、いいんだ。面白ければ何でもいい、鳴海丈の本はそういうものだと思っているんだ。
でもこれ続き物だったのね。巨魂侍みたいに1巻完結であって欲しかったぜ。続けて読まないと設定忘れちゃうんだよね。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。